ビジネスカジュアルをしっかり押さえるのがとても大事なのはよくわかるけれども、実際にビジネスカジュアルという服装の定義が曖昧なので、どこまでカジュアルにすれば良いのか、悩んでいる働く女性はとても多くいます。

ビジネスカジュアルとは

そもそもこんなに多くの働く女性を悩ませるビジネスカジュアルとは、何?ということになるのですが、ビジネスカジュアルというのは、簡単に言うと、スーツとまでは行かなくても、仕事をする上で失礼ない服装のことをいいます。つまり、スートだと硬すぎるから、もう少し柔らかい服装だけれども、仕事着としてもふさわしいというものがビジネスカジュアルということになっています。

このように、仕事をする上で周囲には迷惑がかからないような、嗜みを持ったカジュアルな服装というのがビジネスカジュアルという服装にふさわしいということですね。

こんなビジネスカジュアルはNG

では、逆にこんなビジネスカジュアルはNGというものをご紹介します。まずはトップス。
ビジネスカジュアルにおいて、トップスは何よりも上品さが大事ですから、仕事をしていく上で上品さをかけるようなものはNGです。具体的には、基本はカジュアルすぎるのはNGという点から考えると、露出の多いタンクトップ、派手な柄のものはビジネスでは不可です。また、TシャツやパーカーもNG。この辺りは、普通に仕事をしていれば場違いということになりますよね。

次にボトムですが、まず露出はNGです。つまり、ショートパンツやミニスカートはNGです。それとジーンズやレザーの生地で出来たもののもダメ。こちらはカジュアルすぎますし、後述しますが、上品なパンプスには全く合わないので、やはりNGです。

シューズでNGなのは、つま先が見えるサンダル、かかとが浮くミュール、スニーカーやブーツもカジュアルすぎて、ビジネスカジュアルとは言えません。

まとめ

もちろん、今ご紹介したビジネスカジュアルにNGの服装というのは、普段着では全く問題はないし、自分のおしゃれをアピールするのは女性としては当然のことです。ただ、ここでのポイントはお仕事をする上で、オフィスにおいて調和感が保てるかどうかということです。

例えば、他の男性社員がスーツでビシっとして仕事をしているのにもかかわらず、もし、真っ赤なタンクトップにミニスカートという出立だと、目のやり場に困りますし、何よりもオフィスにおける統一感がなくなるので、結果的に生産性や効率性も落ちてしまいます。したがって、ビジネスカジュアルについては

  • 上品
  • シンプル
  • 清潔感

を心がけてコーディネートをするようにしましょう。