女性がビジネスカジュアルを選ぶ時に注意することは?

最近はオフィスだからといってそこまでカッチリとした服装を求められることも少なくなってきました。
商談や営業の様な外部の方と会う機会がある時以外はビジネスカジュアルが当たり前となっているといってもいいでしょう。
ただ、ビジネスカジュアルだからといって、何を着てもいいというわけではありません。
あくまでも失礼に当たる様な服装はNGとされています。そう考えると中々難しいものですね。
ここではビジネスカジュアルを女性が選ぶ際のポイントのおさえ方を説明します。

露出の多い服装は避けよう

ビジネスカジュアルを選ぶ際に最もやってはいけないことは、露出の多い服装を着ることです。
胸元を強調した服装やひざ丈よりも短いミニスカートなどをオフィスで着ていたら、色々と悪い噂をたてられてしまうでしょう。
あくまでも失礼のない様な服装を選ぶことが基本です。ですので人によって様々に感じてしまう露出の多い服装は絶対に着てはいけない服装となります。

カラーリングは1色~2色まで

あまりに派手なカラーリングの服装は避けるべきです。ですのでオフィスカジュアルでは上下に統一感のある色合いを選択した方がよいでしょう。
紺色やグレー、またはブラックの様なシックな色合いで統一するか、せめて2色くらいになる様な合わせ方をしましょう。

サイズはすっきりとしたものを選ぼう

田舎に行くとやたらとジャージやスウェット上下で練り歩いている女性がいるものですが、大抵ダボッとしたサイズのものを着ています。
楽だからなのだとは思いますが、ダボッとした大きめサイズの服装はだらしない印象を与えてしまいます。
ですからオフィスカジュアルはジャストサイズでぴったりと合わせたすっきりとした印象に見せることができる服装を選ぶ様にしましょう。

最も無難な選び方はブラウス×パンツ

特にこだわりがないのであれば、ブラウスとパンツを3~4着ずつ持っておけば無難に着まわせると思います。その組み合わせならばどんな職場でも特に敬遠されたりすることは無いと思います。
無難だからといって面白味にかけると思われないか不安な場合にはもっと自由に選んでもいいかもしれませんが、あくまでも職場は仕事で個性を発揮するところですので、ファッションにこだわりすぎるのも良くはありませんよね。