ビジネスカジュアルについて

クールビズが浸透することで、営業部門以外ではノーネクタイで仕事をするということが普通になって来ています。当初は、ノーネクタイでオフィスで働くというのは、見た目でも仕事をする人においても、やや違和感がありましたが、ここ数年はノーネクタイでも全く違和感がなくなってきました。ただ、細かいことを言うと、ビジネスカジュアルというのは、社内的なものというよりも、体外的な色彩が強いということを知っておきましょう。つまり、ビジネスカジュアルというのは、企業に訪問する際に適したカジュアルの服装とされているからです。コーディネイトとしては、スーツを着るのではなく、襟がついているシャツにジャケット、そしてチノパンに足元は革靴と言ったものです。したがって、あくまでも社内で仕事をするというよりは、どちらかと言うと、取引先や顧客などとやり取りをする服装がビジネスカジュアルですので、業界的な違いはありますが、TシャツやパーカーなどはやはりNGと考えておいたほうがよいでしょう。

では、ビジネスカジュアルで心がけておいた方が良いことはどういうことかということをご説明します。まず、ビジネスカジュアルはビジネスをするための服装ですから、相手に違和感を感じさせるようなものではいけません。あくまでも対外的に好印象を与えるということを意識しましょう。企業がビジネスカジュアルを推進する理由は、働きやすい服装で仕事の効率化を図るということと、服装をカジュアルにすることで、コミュニケーションをしやすくするところにあります。また、服装が自由であるからと言って、勝手な服装をしていいというわけではなく、あくまでも仕事を円滑にすすめるという事が重要なことですから、周囲への配慮はするようにしましょう。次にビジネスをする際の服装として、どういう点を周囲に対して配慮する必要があるのかというと、清潔感です。これは男女にかかわらず意識するべきことです。ビジネスカジュアルというのは、ネクタイなどをしないから気楽だという印象がありますが、ビジネスカジュアルにおいては、汚れがついていないかどうか、ふくやズボンにシワやヨレヨレになっていないか、だらしない服装になっていないかというようにある意味スーツ以上に気を使う必要があります。ある意味、それなりにしっかり考えてコーディネイトする必要があります。そこに個性とセンスが加われば、お洒落なビジネスカジュアルになりますので、どういうコーディネイトが良いのかかんがえていきしょう。

次に具体的にどのようなスタイルが良いのかということを考えていきたいと思います。服装は、季節によって変わっていきます。

春のビジネスカジュアル

春になると、ジャケットを脱ぐ季節になりますので、シャツにこだわりましょう。おすすめはダーツシャツで、カラーはネイビーが清潔感をアピール出来るのでおすすめです。

夏のビジネスカジュアル

夏は、気候が暑くなりますので、気をつけないといけないのは、ビジネスカジュアルだからといってカジュアルダウンしてしまうことです。そのためインナーは白を着て、清潔感をアピールしましょう。ジャケットは麻のものがおすすめです。麻のジャケットはセンスの良さと涼しさを感じさせます。

秋のビジネスカジュアル

秋になるとやや肌寒くなる季節ですが、9月ですとまだ残暑で暑い時もありますので、濃い無地のベストがおすすめです。ビジネス用のセンスの良いベストは、引き締まった印象を与えます。

冬のビジネスカジュアル

冬のビジネスカジュアルは、コートにこだわってみてはいかがでしょうか。コートにはピーコート、チェスターコート、ややラフなマウンテンパーカーやモッズコートなどがありますので、自分にあったコートを選ぶのも楽しいと思います。