クールビズの工夫

ネクタイを外すと、体感温度は2度程度下がるといわれております。
さらにシャツなどの生地に、冷感素材を利用することでより一層体感温度を下げることができます。
また、日差しの当たる窓にはカーテンやブラインドをおろすことで、室温の上昇が抑えられます。
ある程度汗をかくことを前提にクール素材の汗はけのよい素材するのも重要です。
風のある日は、窓を開けて空気を循環することで熱がたまるのを回避することができます。
室内の空気の循環を促進するには扇風機を用いると効果的です。
扇風機とエアコンの上手な組み合わせで大きく節電することができます。
従来の厚さを我慢するという発送から、暑さと上手く付き合うという考えだ大切になります。

男性のクールビズ

一般的にクールビズといえば、ビジネスマンの上着なし&ノーネクタイというスタイルがまず頭に浮かぶのではないでしょうか?
現在では政治家もこのクールビズへの賛同を示すために、公務の場でノーネクタイの方が増えています。
多くの自治体の役所でもこのクールビズ機関はノーネクタイなどのカジュアルな格好で対応しております。
ネクタイを外すと実際体感温度が2度下がるとも言われていますので、
それが許される場ではノーネクタイにならない手はないでしょう。
ただしビジネスに急用はつきものですので、いざとなったら、
いつでも上着を着たりネクタイをしめたりしてもおかしくない格好をしておく事が大事になります。
背広とネクタイを外すだけでも、だいぶ涼しくなります。

女性のクールビズ

男性のクールビスとノーネクタイ、にジャケット無しとすぐに思いつくと思いますが、女性のクールビススタイルとは
どのような格好をいうのでしょうか?
まず、ジャケットを夏仕様のウ薄地のものに変更するという方法があります。
さらに、ジャケットそのものを着ないという方法もあります。この際には下着が透けないように肌着を着用するようにしてください。
さらに涼しくするために、半袖のブラウスの着用もありです。
いくら涼しい方といっても、胸もとの必要以上にあいた服や、肩を出すような服はビジネスにそぐわないので避けましょう。